GFC入会までの大まかな流れと体験宿泊について

GFC入会までの大まかな流れについて
GFC(グリーンフィールドクラブ)は、会員制で全国に点在している幾つかの専用宿泊施設を利用出来るようになるリゾートクラブです。
このクラブは、会員になる事で専用の宿泊施設を安い値段で利用出来るようになり、自分一人または家族を含めた数人で楽しいリゾートライフを送る事が出来ます。
このクラブに入会する為には、まず資料を取り寄せてGFCについての基本的な知識を覚え、その後体験宿泊でGFCの宿泊施設を試した後、正式な入会手続きを済ませる必要があります。
入会手続きの際には二つの会員コースの内どちらかを選ぶ事になり、選んだコースによって必要な入会金や年会費・具体的なサービス内容に違いが発生するので覚えておきましょう。
では、これから「GFCの体験宿泊サービス」について、より詳しい説明をしていこうと思います。

GFC体験宿泊サービスに関する話
GFCへの入会をする前に受ける事が出来る「GFC体験宿泊サービス」は、その名の通りGFCの宿泊施設に一度体験で泊まる事が出来るサービスです。
このサービスを利用すると、「GFC宿泊施設のお試し体験」を通して事前に様々な情報を得る事が出来ます。
最初に送られてくる資料だけでは分からない事も分かってくるので、かなり便利で入会を決める上で大きく助かるサービスであると言えるでしょう。

この記事のまとめ
以上が、GFC(グリーンフィールドクラブ)入会までの大まかな流れと、入会の手続き前に受けられる「GFCの体験宿泊サービス」に関する話です。
皆さんも、「GFCに入会してリゾートライフを満喫したい」と思ったら、資料や体験宿泊でGFCについて充分理解した上で入会手続きを行ってみてください。

グリーンフィールドクラブ 中古会員権について

グリーンフィールドクラグの会員権利は永久となっています。グリーンフィールドクラブの中古会員権は、もちろん利用することができます。中古会員件に関しては中古会員権などを販売しているサイトなどもありますから、そういったところを参考にするとよいのではないかと思いますが、インターネットなど場合には、ときには、信頼に値しないようなところもあります。

しっかりと確認して安心できるところを選んで購入することも必要です。一番安心して購入することができるのは、グリーンフィールドクラブの会員権を持っている知人などから譲渡してもらうのがよいでしょう。

中古会員権といってもグリーンフィールドクラブの会員権は譲渡することができることになっていますから、安心して利用することができます。そういった場合には、名義変更などの手続きも必要となってきます。会員権の譲渡の場合には、家族への譲渡の場合には、名義変更時か最終募集価格の新規入会金の10%で譲渡することができます。

3親等以上への譲渡となる場合には、名義変更時か最終募集価格の新規入会金の30%となります。まったく新規で入会金を支払うことをかなりお得に購入することができます。もちろん、3親等以上とお礼などの費用も必要となってくるとは思いますが、それでもまったくの新規で会員権を購入することを考えるとかなりお得になってくると思います。

【参照元】
GFC

グリーンフィールドクラブ 予約方法

グリーンフィールドクラブへの予約は前提条件として会員であることが必要です。グリーンフィールドクラブは完全会員制となっていますから、会員にならないと利用することができません。

例えば、ぜひ利用してみたいが会員になることは難しいといったことであれば、会員になっている人に頼むといった方法が必要となってきます。会員ということであれば、1回の利用で3人までの同伴ができることになっていますから、知人などに会員となっている人がいれば、利用させてもらうことも可能となってくると思います。ただし、利用の際には、会員となっている人が同伴することが必要となりますから、一緒に旅行など行うことができるような親しい知人であるということも必要でしょう。この辺は、しっかりと管理されていますから、その分安心して利用することができる施設ともなっています。また、年回での利用に制限などもないので自由に何回でも利用することができます。

利用回数が年間を通じて多いようなら会員になった方がお得感があると思います。実際に予約を入れる際には、どこの施設を何時、何人で利用するかといったことが必要となります。また、会員それぞれに発行されている会員カードがありますから、用意して予約を入れるようにするとよいでしょう。

グリーンフィールドクラブ 費用は?

グリーンフィールドクラブを利用する際には、どのくらいの費用が必要となるのでしょうか。

グリーンフィールドクラブは完全会員制となっていますから、利用するためには、まずは、会員になる必要があります。会員は、個人正会員とファミリー正会員との2種類があります。個人正会員の場合には、入会金が1,575,000円、年会費として16,000円が必要となります。

ファミリー正会員に関しては、入会金2,625,000円、年会費が25,000円となっています。実際に施設を利用する際には、会員で、1泊1,000円、同伴者で2,000円となります。宿泊施設以外にもグリーンフィールドクラブの運営している施設や提携している施設を会員特別料金で利用することができるようになっています。宿泊に関しては、年回の利用回数制限などもないので年間、何回でも利用することができます。一度入会すれば、その権利も永久をなっていますから、現在会員の子供に引き継ぐこともできます。そこまで検討するとしっかり利用するとかなりお得に高級リゾートを利用することができるということになります。

入会する意思があり、一度、どんなものか体験してみたいということであれば、体験宿泊もできるようになっていますから、検討している人は、まずは、体験宿泊をしてみるとどのような感じなのかもわかって判断しやすくなります。

越前にあるグリーンフィールドクラブ

グリーンフィールドクラブ越前は、オリエンタルな風域の高級リゾートを楽しむことができる施設となっています。本館は、南欧風の建物となっていて、ホテルのような感じでゆっくりと過ごすことができる空間です。

客室は、全室オーシャンビューとなっていて高級感あふれる客室で高級リゾートの雰囲気を存分に味わうことができるようになっています。また、7戸の個邸が用意されており、それぞれが特徴のあるものとなっています。バリをイメージした個邸やログハウス、数寄屋離れといった特色ある個邸となっています。

個邸とはいっても実際に別荘のような感じとなっていますから、リラックスしてリゾートを存分に楽しむことができます。別荘といっても好みは人それぞれで違いがありますが、用意されている個邸それぞれが特色を持っているので、好みの個邸を選ぶことができます。一度ならず繰り返し利用してそれぞれの個邸を楽しむのもよいでしょう。食事は本館に用意されているレストランで朝食、夕食をとることができます。

お子様向けのメニューも用意されていますから、安心です。レストランではなく、お部屋でゆっくりと食事を楽しみたいという場合でも、それ用にメニューが用意されていますから、周りを気にせずゆっくりと食事を楽しみたいときにも安心です。

グリーンフィールドクラブの貸別荘

グリーンフィールドクラブの貸別荘は、貸別荘と聞いてイメージするものとはちょっと違っています。貸別荘といって高級リゾートの雰囲気はそのままですから、高級感あふれる別荘でゆっくりとくつろぐことができます。貸別荘スタイルをとっているのは、越前と奥琵琶湖、白馬となっています。

奥琵琶湖の別荘タイプは、ぢちらかというとペンションといったイメージがあるでしょうか、湖畔でゆっくりとして時間を過ごすのによい施設となっています。オートキャンプ場もありますから、設備の整った施設でアウトドアを楽しむこともできます。白馬の場合には、ログハウスの戸建てとなっています。3タイプが用意されていますから、その時々の利用人数などに応じて選択することができます。ただし、ログハウスの利用に関しては、施設使用料金とは別に管理が必要となります。管理費に関してはタイプによって違ってきます。豊な自然の中でゆっくりとした時間を楽しんだり、冬には、スキーなどを楽しみながら過ごすことができます。越前は、7種類の別荘となっています。

それぞれが高級感のある特徴のある作りとなっています。例えば、別邸ヴィラドバリは、リビングからは目の前に海とアジアンガーデンを望むことができ、室内のインテリアは、バリから直輸入された洗練された雰囲気に包まれています。バスルームは大理石が使用されており、広くゆったりとくつろぐことができる空間となっています。和風タイプのものでは数寄屋離れが用意されています。緑豊かな庭の中に建つ数寄屋離れは、まさに和の良いところを存分に発揮した落ち着いた空間となっています。

株式会社グリーンフィールド